走って、走って、時より漕ぎます。

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コーヒー

知ってるつもりでも、知らない世界が多いコーヒー。
独特のコーヒー豆に出会いました。
f0149708_9183764.jpg

土曜日の朝の時間がこの上ない一時です。
[PR]
by nakathu_kss | 2015-01-31 09:20

スリおろし器

生きていくうえで、人間はお互い多少の違いはあれすり減らしながら生きている。
中には金のおろし器みたいなやつもいて、その周りの人間は凄いスピードですり減らされることになる。
当然、すり減らされればストレスが溜まるし、外壁を破られれば精神的な病を発症し、最悪自分で自分の命を絶つこともある。
今週、お隣の職場で、スーパー金おろし器みたいなやつが異動する。奴がきてから散々おろされてきた人達は大喜びしてるようだ。
やつの後任はソフトな人なので、すり減った外壁をなるべく厚く補修して、次のおろし金を待つことだね。
[PR]
by nakathu_kss | 2015-01-21 08:06

あんびん

イトヒロから、あんびん餅をいただいた。
昔懐かしい大福で、あんぴん餅と僕は呼んでいたような。
f0149708_8114042.jpg

朝飯のデザートとしていただきます。
[PR]
by nakathu_kss | 2015-01-11 08:12

もうひとり

前回紹介した「内山節」どうでしたか。
図書館へ行けば本に出会えるので、是非読んでみて下さい。
近いうちに、彼が年間の半分住む、群馬県上野村へ行ってみようと思っています。

そしてもうひとり
内田樹
なんか内山節と名前が似ているね。

最近のコメントから、

「私たちの国はいま「滅びる」方向に向かっている。
国が滅びることまでは望んでいないが、国民資源を個人資産に付け替えることに夢中な人たちが国政の決定機構に蟠踞している以上、彼らがこのまま国を支配し続ける以上、この先わが国が「栄える」可能性はない。
多くの国民がそれを拱手傍観しているのは、彼らもまた無意識のうちに「こんな国、一度滅びてしまえばいい」と思っているからである。」

強烈だよね。
彼のブログです。
http://blog.tatsuru.com/

自分や家族を守りたいのであれば、まず農地を持つ事。
地域のコミュニティーに入る事。
そして外貨だての貯金をすること。
なんてね。
[PR]
by nakathu_kss | 2015-01-10 08:48

2015年

いつの間にやら新年を迎えました。
年末休暇で出かけた群馬、長野にてインフルエンザに感染したnakapiroと、結婚して初めて2人きりの正月となりました。
この国にも、仕事にも、両親との関係も絶望を感じ、ただ時間が経過する事だけ考えてきましたが、ようやく底にたどり着き、もしかしたら浮上するかも。なんて感じています。
この間、お世話になったお酒、パズドラ、ツムツムには感謝です。


いままで、意見、批判を書き込む事を封印してきました。
絶望の中では、批判する気持ちにもなれません。
でも、もういいのですよ。
所詮ダメであれ、言いたい事を言わせてもらうことにしました。
たとえ、批判の切っ先が僕に跳ね返ってこようとも。


以下は、僕の一筋の希望を与えてくれる、内山節の一文です。
これを反逆のプロローグとします。

「これまでの延長線上に未来はない」。
いま私たちはこんな時代を迎えているような気がします。
現代世界は、自然と人間の等身大の世界にこそ
大事なものがあるのだということを忘れてきました。
すべてが商品化され、
ついには貨幣が駆けめぐりながら貨幣を増殖していくなかに
経済が展開する時代が生まれました。
私たちはその破綻から何を導き出したらよいのでしょうか。
 等身大の世界に戻る。等身大の世界をつなぐ。
そのことによって生命の活動が感じられる世界をつくりなおす。
私たちはこのことから出発し直さなければならないような気がします。
 自然の力、人々の労働の力、地域の力、
そしてそれらが結びあうとき生まれる力。
ここにこそ私たちの社会がつくられていると実感できる
等身大の世界を創ることが、私たちの課題になっているのです。

内山節
(新たな多数派の思想の形成をめざす100人委員会にむけた言葉から)
[PR]
by nakathu_kss | 2015-01-02 10:21



ストイックに、自分大好きで。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31